子どもの教育資金については、どれくらいの時期から考え始めるのがよいでしょう。早ければ早いにこしたことはありません。できれば、出産前からある程度の目安をつけておきたいですね。

当たり前のことですが、子どもがどのような進路を選択するかによって教育資金がいくらかかるかわからないためです。受験などは一発勝負であるため、受験時に風邪などで本来の調子が出なかった・思わぬ失敗をしてしまったということで希望する公立校に進学できず、お金のかかる私立校に通うことになる場合だってあります。希望する大学に合格できなかった場合には、一年間予備校に通って浪人をするというケースも出てきます。

公立にずっと通わせた場合にかかってくる教育資金でも、大学まで考えれば500万円を下りません。高校・大学が私立大学となった場合には、1000万円超の出費を覚悟しなければなりません。もちろん、教育費以外にも学校に通わせている期間が長いほど子どもの生活費も面倒を見なければなりませんので、家庭の負担も大きくなります。

教育資金は早めに目途を立てておくことはもちろん、中学生くらいからは子どもにも家計への協力をお願いすることが大切です。どうしても子どもが強く希望する進路があるが、教育資金が足りない場合には子どもに奨学金を借りてもらったり、アルバイトなどで学費やお小遣いを賄ってもらうよう要請する必要もあるでしょう。大学に合格できず浪人を選択する場合でも、その条件などについては親子で意識を共有する必要があります。


カテゴリー

教育について
教育は、小学校から大学までの学校教育がメインですが、それだけではありません。 習い事やビジネス英会話、あるいは留学など、さまざまな教育があります。
学習費
学校の授業料が大半を占めることが多いですが、それ以外にも受験費用、入学金、塾 費用などさまざまにかかります。また大学生が一人暮らしをすれば生活費が必要で、親 からすれば仕送りも学習費の一部といえるのではないでしょうか。
教育ローン
貯蓄が充分あればいいですが、足りなければお金を借りることになります。教育ローンは 、銀行はもちろんですが、国の融資制度や公的組織の融資もあります。
奨学金
奨学金とは学習意欲があり、能力もある学生に対して費用を援助するものですが、その 費用は返済する奨学金と贈与される奨学金があります。どういう基準で支払われるの でしょうか。
教育資金作り
学習費をどう手当てするかですが、まず自分達の貯蓄などが必要です。教育資金を作る のには、貯金と保険というのがよくある方法ですが、積極的に資金を運用して増やすこと も考えてはどうでしょうか?
その他
費用だけでなく、教育に関した話題です。